どうしてそんなにくれるのか?

最近、俺は儲かって仕方がない。
それと言うのも、毎日のように様々な人物から
かなりの大金を俺にくれるという、
そんな申し出のメールが連日届くからだ。

…とは言っても、スパム(迷惑メール)での話だが(笑)。

昨年末頃からだろうか。
全く何の関連も無い、身に覚えの無い宛先から
頻繁に俺にメールが届くようになった。
シチュエーションは様々だが、
基本的な内容はどれもこれも同じ。
ありえないほどの大金を
『あなたに差し上げます』的な物ばかりだ。

通常の思考回路の持ち主であれば、
おいそれと『それでは頂戴いたします
などと思わないような馬鹿げた内容だ。

例えば。

自称『とある会社の社長の元愛人』とやらから、
『社長から受け取った3000万円をどうにかしたいので
あなたにもらって欲しい。』
といった内容のメールが届いた。

しかし、なぜかその3000万円を渡すのに
『以下のサイトへアクセスしてください』的な文言があり、
謎のURLが貼り付けてあるワケだ。

って、そんなもん怖くてクリック出来るかっ!(笑)。
怖いよっ!
いやいやいや。
それ以前にそんなヤバい金、俺にくれなくていいから
自分で使ってくれ元愛人とやら(笑)。

で、またある時はこうだ。

自称『70代の年金生活のおばあちゃん』とやらから、
『余っている年金を差し上げたいので受け取って欲しい』
といった内容のメールが届く。

しかし、やはりその文面の最後にあるのは
『以下のサイトへアクセスしてください』的な文言、
そして謎のURLが貼り付けてあるのだ。

年金生活のおばあちゃんとやら。
年金余ってるなら、孫に何か買ってやってくれ(笑)。
申し訳なくて、俺はもらえない。

そんなワケで。
どれもこれも、もう完全にスパム(迷惑メール)と分かる内容で
そんなメールを受け取る事は、苦痛以外の何物でもないだろう。
しかし、ドMの俺としては
そんなスパムメールの内容が余りにも多彩過ぎて、
次はどんなシチュエーションで来るのかと
逆に愉快で仕方ないと言った心境になり始めている(笑)。
…危険だ。

かなり笑ったのが、どこか『頼れる兄貴』的な内容のメールだ。

『お前が困ってる事は分かってるんだ。
何も言わずに俺に任せておけ!
200万やるから!
黙って俺を頼ってくれればいいんだ!』
と言った感じの内容で、やけに暑苦しい 頼もしい(笑)。
頼もしすぎるぜ兄貴っ!

多い時には一日に5〜10通程度。
基本的に、なぜか一方的に『お金をあげます』
といった内容で、最後に必ず謎のURL。
こんな手口に引っ掛かる人はいるのだろうかと
心底不思議に思ってしまうほど、
非常に分かりやすいスパムメールなのだ。

しかし、どうしてこんな謎のスパムメールが
日々届くようになってしまったのか。
記憶をたどって考えてみた。

メールアドレスが知れるという事は、
何かインターネットで買い物をした際の情報でも
流出しているのだろうか?と考えた。
あるいは、どこかで会員登録した情報が
流出している可能性もあるだろう。

色々と考えてみたが、よく分からない。
まぁ、今の所は特に被害も出ていないので
放置しておくのが一番だろうと思っていた矢先だった。
ある業者から一通のメールが届いた。

内容はこうだ。

俺が会員登録していたサイトからの通知で、
外部から不正アクセスがあり
登録していた会員情報の一部が流出した、というのだ。

…もうね。
ホントにね。
何て言ったらいいのかね(笑)。
俺、思わず笑ったよ。
笑うしかなかったよ。
原因はそれだったのか。

今回、ごく簡単な情報のみでの会員登録だったので
深刻なデータの流出は無かったようだが、
よく考えてみれば恐ろしい話だ。

不正アクセス。
いわゆる『ハッキング』ってやつか。
本当にあるもんなんだなぁ。
しかも、俺がそれに遭遇してしまうとは。
地味にヘコむよなぁ。

何はともあれ。
起こってしまった事は仕方がない。
今後も届くであろうスパムメールを
ひたすらスルーしておくとしよう。

しかし、ちょっと面白かったのが
あれだけ頻繁に届いていたスパムメールが、
年末年始の間は届かなかった事。

コンピューターによる自動送信だろうと思っていたが、
スパムメールを送信する業者も
さすがに年末年始は休みだったのだろうか?
そんな事を想像し、少し笑ってしまった俺なのだった。


■暦(こよみ)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

■プロフィール

■運営しているWeb漫画サイト

■最近の記事

■分類

■以前の記事

■ブログ内検索

■その他