追悼〜1年経ってもやっぱり悲しい〜

何だかタイトルからして、ものすごく暗い感じがするな。
しかし、俺はやっぱり悲しいのだ。
『湿っぽいのはゴメンだよ』って方は放置しておいて下さい。

このブログでも度々紹介しておりますが、
一年前の今日、俺の愛犬『五右衛門(ごえもん)』が
難病のため死去しました。
※『誰か、俺の電源を止めて下さい。』参照

今日はちょうど五右衛門の一周忌なので、
特に俺のお気に入りの写真を掲載して追悼します。
俺の完全な自己満足ですが、
良かったら五右衛門の在りし日の姿を見てやって下さい。
ダラダラと並べてみました…。

五右衛門1
母の部屋での五右衛門。おっさんのような座り方。

五右衛門2
布団大好き。すぐに俺の布団に乗っかる五右衛門。
何か考え事でもしているように見えるな…。

五右衛門3
俺から兄への嫌がらせ(笑)で買って来た『うんこ型灰皿』の前で。
五右衛門、お前うんこ型灰皿が妙に似合ってるぞ。

五右衛門4
俺の布団で、超脱力で寝る五右衛門。
犬のくせにいびきをかいて寝る。

五右衛門5
自分専用の座布団で、犬用ガムをかじる五右衛門。
散歩より食べる事が好きだった。

五右衛門6
やっぱり布団大好き。いつも俺の布団に潜んでいた。

五右衛門7
悪い事をして叱られると、なぜか自分のトイレに座る五右衛門。
すねていたのだろうか?

五右衛門8
眠そうな五右衛門。
いつも困ったような顔をしていた。

五右衛門9
母の部屋に忍び込んで枕を占領。
犬のくせに枕を使う、人間のような犬だった。

五右衛門10
自分のペット用ベッドで安眠。
潰れ具合が何ともイイ感じ。

五右衛門11
俺の帰りが遅いと、階段の上からこんな風に様子を見ては
ずっと待っていたそうだ。

五右衛門12
母の布団に入り込んで、枕を使って寝る五右衛門。
…お前は人間かっ!

五右衛門13
爆睡する五右衛門。何か哀愁の漂う背中。
こういう状態の時、座布団ごと移動しても起きない。

五右衛門14
物思いにふけっているかのような五右衛門。
鼻の頭が白いのは、おできができて薬を塗っていたからだ(笑)。

…俺はあまりにも悲しいので、
こんなに大量に写真を並べてしまいました。

今でも『Wii』の写真チャンネル
(撮った画像をスライドショー形式で、好きな曲に合わせて再生できる機能)
で、五右衛門の写真を見ていると泣けます。
落ち込んでいる時は号泣します。
…なんて弱虫な俺。

確実に『ペットロス症候群』になっていると思います。
でも、他の犬を飼う気になれません。

五右衛門は、いつも俺と一緒に起きていてくれた。
深夜まで漫画制作している時も、
心配そうにこちらを見ていてくれた。
時々、側に寄り添って来てくれた。

深夜の漫画制作の最中に話し掛ける相手が居なくなって
とても寂しいのですが、
これからも漫画の制作を全力でがんばります。

以上。
俺の五右衛門追悼。
最後までお付き合い下さった方、本当にありがとうございました。
心から感謝いたします。


■暦(こよみ)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■プロフィール

■運営しているWeb漫画サイト

■最近の記事

■分類

■以前の記事

■ブログ内検索

■その他