風呂場で使える楽しい玉

織田信長を始め、戦国武将をこよなく愛する俺。
おいちゃんはまたまたこんな物を見つけてしまったよ。


戦国武将バスボール

『戦国武将バスボール』


フィギュア入り入浴剤。
せっけんの香り(1回分)。

もうね。
俺はね、ダメなんだよ。
こういうの見つけたら絶対買っちゃうからね(笑)。

球体に固められた入浴剤の中に
小さな戦国武将フィギュアが入っているという一品。
普段入浴剤は使わないのだが、
こればかりは興味があるので購入してみた。

ちなみに、武将フィギュアの種類は以下の通り。


武将の種類(織田信長と豊臣秀吉)

織田信長、そして豊臣秀吉。
信長の鎧が、西洋好きだった信長らしく
ちゃんと西洋仕様の鎧になっているのが非常にいい。
顔も和風なんだけど、妙にかわいいよな。

ここでオイオイと思ったのが、
豊臣秀吉の肩書き。
織田信長が『第六天魔王』という肩書きなのに対して
豊臣秀吉は『猿』。

…『猿』て(笑)。
いくら何でもそりゃないだろ。

何かもう『あー面倒臭ぇ』って
やっつけで付けたような肩書き。
っていうか、もはや肩書きでもないよな。
悪口だ。
悪口だよコレ(笑)。


武将の種類(伊達政宗と直江兼続)

で、次は伊達政宗と直江兼続。

伊達は、やっぱり人気の武将だけあって
こういうラインナップには
入れてもらえる率が高い。
直江は、鎧の前立てが『愛』っていうののお陰で
妙に出現度が上がっているよな。

伊達の肩書き『独眼竜』はもうお約束。
これ以外にあり得ない。
顔もクールでカッコよく仕上がっている。

でだ。
直江の肩書きもやっつけ感たっぷりだ。
『愛』て。
…そのままじゃねぇか(笑)。


武将の種類(上杉謙信と武田信玄)

最後に、上杉謙信と武田信玄。

これはどちらもかなりいい出来。
上杉謙信が無性にカワイイぞ!

肩書きも『越後の龍』(上杉謙信)だの
『甲斐の虎』(武田信玄)だの、
非常に決まっている。

やはり、秀吉の『猿』だの直江の『愛』だの、
投げられちゃってる感は否めない(笑)。

個人的に武将のデフォルメっぷりが気に入った。
全種類そろえたくなってしまうなぁ。


球体の入浴剤

中身は、バスボールの名の通り
入浴剤が球体に固められている。
この中に、あの武将フィギュアが
どれか一つ入っているのだ。

と、いうワケで。
入浴時ワクワクしながら浴槽に投入!
もちろん、一番欲しいのは信長だ。


浴槽へ投入!

シュワシュワと発砲しながら
湯の中で溶け始めるバスボール。
せっけんの香りが充満して来た。
う〜ん、フローラル!(意味不明)。


カプセルに入ったフィギュアが…

入浴剤が完全に溶けた後、
カプセルに入った武将フィギュアが!
…これは誰だ!?
ドキドキしながらカプセル開封。


一発目で信長来たぁッ!

の…、信長様ぁッ!

来た!
一発目で信長来たぁッ!
俺、テンションアップ。
中年が風呂場で大はしゃぎですよ(笑)。
絵面(えづら)的に危険過ぎ。

いや、まぁアレだ。
嬉しかったんだよ。
全部で6個購入したんだけど、
一つも信長出なかったらって
ちょっと不安だったからなぁ。
良かった良かった。


浴槽でたゆたう信長(笑)

湯船に浮かべてみましたよ。
プカプカとたゆたう信長。
何か気持ち良さそうに見えるのだが。

こういう時、防水の携帯電話で良かったとか
ちょっと思ってしまう俺(笑)。


裏向けは何なのか分からない

裏向けると、もう何が何だか分からんぞ。
何このミサイルみたいな物体。

いやはや。
いい歳しながらも、こういうのは楽しくて
やめられませんなぁ。

残り5個。
毎日一つずつ入浴時に湯船に投入して、
何が出るかワクワクしながら
風呂に入ろうとしよう。

ちなみに、この戦国武将バスボールを見た俺の母。

俺が『この中に一つでも織田信長あるかなぁ』
と言っているのを聞き、
『一気に6個全部入れたらええやん』などとのたまった。

…一回で6個も入れたら
風呂スゴイ事になるだろうがぁあっ!
無茶を言うんじゃない、母よ…(笑)。

織田コースター

今回のなんかアレだよな。
タイトルだけ見ると、テーマパークにある
ジェットコースター的な感じがするよな…。
もし、織田信長をイメージした
ジェットコースターとかあったら
俺は絶対乗りに行くだろうけどな(笑)。

いやいや。
そうじゃなくて。
今回の『コースター』は、乗るやつじゃなくて
グラスの下に敷く方のアレだ。


おまけの織田家紋コースター

おいちゃんはまたこんな物を見つけてしまったよ。
そして、買ってしまったよ(笑)。

某飲料のおまけとして付いていた
『戦国武将コースター』。
全5種あり、種類は以下の通り。

・徳川家康
・直江兼続
・織田信長
・真田幸村
・武田信玄

ラインナップの中に信長が含まれていたので
つい探してまで購入してしまった。
真田幸村もちょっと欲しかったが、
見つからなかったので断念。


織田木瓜(もっこう)がカッコいい

現物はこんな感じ。
コルク製でとても軽く、印刷もキレイだ。

信長の家紋『織田木瓜(もっこう)』が
黄色と黒のコントラストで描かれており、
非常にいい感じ。
やっぱり織田家の家紋はカッコいいな。

夏場は暑いので、アイスコーヒーを飲む事が多いのだが
グラスの水滴が机に付くのが嫌で
いつもティッシュを下に敷いていた。
だからと言ってわざわざコースターを買う事も無かったが、
信長の家紋柄となれば使いたくなるというもの。

上にグラスを置いていると柄は見えないのだが、
グラスを手に持った時には
眺めて一人でほくそ笑んでいる(笑)。
とても危険な俺。

それにしても…。
最近の戦国武将ブームはスゴイよな。
こんなおまけにまで浸透しはじめている。
以前じゃ考えられなかった事だ。

今回、おまけに釣られて
普段買わないような商品を購入してしまった俺。
これじゃ企業の思うツボだよっ!(笑)。
いやいや。
まぁ、個人的にこういうおまけは大歓迎なんだが。

見た目が物騒〜戦国武将USBメモリー〜

親父の影響と思われる、俺の戦国かぶれ。
織田信長をこよなく愛する俺は、
信長絡みの商品を見つけると
ついつい購入してしまう。

で、今回も何気に発見してしまった一品。
そして、そのビジュアルのインパクトの強さに
爆笑しながら購入を決めた。


戦国武将USBメモリー[織田信長]

戦国の武将USBメモリー(2GB)
織田信長バージョン。

いや、もう何かアレだ。
色々と言いたい事はあるが…。
ついつい買っちゃったよ。
買っちゃったんだよっ!
そうだよ。
そんな俺を笑ってくれよ…(笑)。

パッケージから出してみるとこんな感じ。


戦国武将USBメモリー[織田信長]本体

『やあ!』

って、何だこのユルさはっ!
いや、このユルさがたまらんのだが。
手足がちゃんと可動式なのが良いなぁ。

突っ込み所はいくつかあるが、
まず、別にこれが『織田信長』でなくても
いいという事だ。

信長に特別な特徴が無いためか、
鎧や顔のデザインがどの武将でも通用する。
これが『北条氏政』と言われればそうなるし、
『島津義弘』と言われればそうなるだろう。

兜の家紋で『信長感』を
醸し出そうといった感じがあるが、
家紋のデザインが中途半端で
『織田木瓜』に見えない(失礼)。
なので、『信長感』が出せていない感じだ…。
贅沢を言うなれば、もう少し家紋を作り込んで
『織田信長』らしさを強調して欲しかった所。

しかし、メーカー側がこれを
『織田信長』と言うのであれば、
俺にとってこれはもう『織田信長』なのだ(笑)。
だからつい買っちゃったんだよっ!

ちなみに、頭はキャップなのだが…


頭はキャップ。見た目が物騒(笑)

何かもう、すごく物騒(笑)。

信長が見たら怒るからね、コレね。
激怒どころじゃないからね。
打ち首確定だよ(笑)。

戦国武将にとって『首を取られた』この状態は
縁起悪い事この上ない。
すまん、信長っ!

で、実際に使ってみると…











戦国武将USBメモリー使用中

何かの拷問中ですか?

俺、大爆笑。
これは無いわ。
このビジュアルは無いわ。
『何事ですか?』って感じだよ(笑)。

『誰かぁ〜っ!助けて〜っ!』
って声が聞こえそうなこの状態。
思わず両足をつかんで
引っ張り出してあげたくなるよな。
とんだドジっ子ちゃん的な感じだ(笑)。

しかし、この見た目にもよらず
容量は2GBとなかなか使える容量。
もちろん、データ保存用として実用できる。

他にも何種類かあり、
『直江兼続』
『伊達政宗』
『豊臣秀吉』
『真田幸村』
『武田信玄』
『上杉謙信』
『服部半蔵』
『お船の方』
『くの一』
という面々揃い。

『織田信長』『豊臣秀吉』
『武田信玄』『上杉謙信』と来て、
どうして『徳川家康』が無いのかが
ちょっと不思議な気がする。

あえて『服部半蔵』を持ってくる所に
メーカー側のマニアックさが感じられる(笑)。
服部半蔵を作るんだったら、
どうせなら徳川家康も作ってあげようよ。

以上。
止まらない俺の戦国(織田信長)かぶれ。
こういった買い物がやめられないのが
ちょっとした悩みです(笑)。

【今回の内容に関連する話】
最近親父に似てきたなぁ…(親父の影響で戦国かぶれ発症)

戦国武将レースを開催したくなる

毎朝、通勤途中にコンビニへ立ち寄る俺。
コンビニって面白いよなぁ。
限定の商品とかあるもんな。

以前もコンビニ限定販売の
『ジョージア戦国武将イラスト缶』を発見し
全種類購入した俺だが、
今回、またまたこんな物を見つけてしまった。


缶コーヒー『BOSS』

『サントリーコーヒー・BOSS』。
問題は上に付いている景品だ。


おまけ『戦国騎馬武将』全10種

『戦国騎馬武将』だと…!?
おいおいおい!
下の煽り文句が何だかスゴそうじゃないか!
何なんだよ『ゼンマイで走る暴れ馬!』って。

…まぁ、もちろん即購入したのだが(笑)。
結局買っちゃうんだよなぁ。
こういうのなぁ。


織田信長をゲット!

もちろん、織田信長は絶対にゲット!(笑)。
信長を買わずして何を買うというのだ。

で、その『ゼンマイで走る暴れ馬!』とやらの
暴れっぷりを拝見すべく、ワクワクしながら開封。
いくつになってもこういうドキドキ感はたまりませんなぁ。
精神年齢の低い俺(笑)。


開けてみたらこんな感じ

なるほど。
自分で簡単な組み立て作業が必要というワケか。

本体だけではなく、家紋入りの『のぼり』や
その武将の簡単な紹介文も付いてお得な感じ。


馬…なのか?

…ところで。
これは…、馬…なのか?
このふっくらとした体形…

本当に馬…なのか?(笑)

馬なのか?(笑)

もうね、これはね。
馬じゃなくて、牛っぽいよな。
いや、まぁアレだ。
おしりがカワイイからよしとしよう(笑)。


織田信長を馬に乗せてみる。

気を取り直して、信長を騎乗させてみた。
ド派手な金の鎧が信長らしくていい感じ。


後姿。金の鎧がまぶしいぜ!

丸々とした馬も、武将を乗せると
そんなに違和感が無いなぁ。
造形も彩色も細部まで凝っており、
思っていた以上に出来が良い。

とりあえず、お気に入りの武将である
『織田信長』と『伊達政宗』と『真田幸村』の3種を購入。
付属品の『のぼり』も組み立てて並べてみた。


織田信長(のぼり付き)

『織田信長』
何でも『!』を付けると
妙に勢いが出るから不思議だ(笑)。


伊達政宗(のぼり付き)

『伊達政宗』
伊達は馬の色がいいなぁ。
漆黒の鎧とのコントラストが綺麗だ。


真田幸村(のぼり付き)

『真田幸村』
やっぱり真田は赤い鎧がカッコいいぞ。
赤い鎧に黒い馬。
渋いな。

で、問題の『暴れっぷり』だが
ゼンマイを巻いて実際に動かしてみると、
俺の想像をはるかに上回る
激しく愉快な動きだった(笑)。
実際に動いているのを
お見せできないのが残念なぐらいだ。

ただ単に前へ直進する程度だと思っていたのだが、
『暴れ馬!』と言うだけあって
上下に大きく軽快に動きながら前進する。
確かに暴れ馬的な雰囲気だ。
かなり面白い。

この『戦国騎馬武将』シリーズ。
全部で10種類あるのだが、武将の種類は以下の通りだ。

・徳川家康
・豊臣秀吉
・織田信長
・武田信玄
・上杉謙信
・伊達政宗
・直江兼続
・真田幸村
・前田慶次郎
・山本勘助

どの武将も鎧のデザインや彩色が違って個性的だ。
何より、馬の動きが笑えるので
何度でも動かしてついつい見入ってしまう。
コーヒーの景品にしては出来が良く、
全種類集めたくなるような一品だ。

10種類全部を同時に動かして、
『戦国武将レース』をやってみたいという
衝動に駆られてしまった。
いくつになっても脳内が子供の俺。

恐らく、全種類そろえて
『戦国武将レース』を実行しそうな予感が…(笑)。
これはヤバいな…。

忘れられない『いちごパンツ』

俺は暗記が苦手だ。
基本的に物覚えが悪いのだ。
そのせいで、子供の頃から苦労している。
…まあアレだ。
悪いのはもの覚えだけではないけどな。
要するに俺はバカなんだよ(笑)。

小学生の頃などは、どうしても九九が覚えられず
両親を悩ませたものだ。
※9×9〜真夜中に響く声・壁に浮かぶ文字〜参照

とにかく『暗記系』が苦手な俺。
もちろん社会の年号とか簡単に覚えられるワケもなく、
テストのたびに苦しんだ。
今となってはいい思い出だけどな(遠い目)。

しかし、そんな物覚えの悪い俺でも一生忘れる事のない
いや、忘れられないであろう『年号』がある。

小学生の頃。

社会のテストを間近に迎え、
放課後、俺は友達と一緒に年号の暗記などにいそしんでいた。
まぁ『テスト勉強』というよりは
友達と勉強しつつ遊んでたようなモンだけどな(笑)。

その時、友達の一人が言った事が
いまだに忘れられずにまだ覚えている。

『織田信長が本能寺で討たれた時の年号を
一発で覚えられる方法がある』。

俺はまだその頃、織田信長に興味は無かったのだが(笑)
一つでも年号を覚えられるのならと、
友達の言葉に興味深く耳を傾けた。

で、その『織田信長が本能寺で討たれた時の年号を
一発で覚えられる方法』。

『いちごパンツの信長さん、本能寺で討たれる』
と、覚えるのだと。

つまりはこうだ。
『いちごパンツ=1582』
1582でいちごパンツ。

…なるほど。

…確かに。

それを聞いた時、とにかく笑った。
友達からその覚え方を聞いた瞬間、
俺の頭の中に『いちごパンツ』姿の信長が思い浮かんだ。
しかも、いちごパンツ姿で
本能寺で討たれているという状況。
どんだけマヌケな最期なんだよっ!

それに、何だか信長なら
いちごパンツはいてそうだ(笑)。
いや、俺の勝手なイメージなんだが。

それ以来ずっと
信長が本能寺で討たれた年が1582年だという事を
忘れる事なく過ごして来た。
信長が討たれた年を覚えているからと言って
特に生活の中で役に立つ事もないのだが、
忘れたくても忘れられないのだ(笑)。

これまでずっと忘れる事のなかった
織田信長が謀反に遭った『1582年』という年号。
言葉のインパクトの強さとは恐ろしいものだ。

ごろ合わせ自体が覚えやすいというのもあるが、
それにしても『いちごパンツ』ってなぁ…(笑)。

【今回の内容に関連する話】
最近親父に似てきたなぁ…(親父の影響で戦国かぶれ発症)

見つけると買ってしまうもの

すっかり戦国ブームの昨今。
俺にとってはありがたい時勢なワケなんだが、
それだけ出費も多くなるというもの。
なにせ、様々な戦国関連グッズが発売され
目にするとついつい購入してしまうからだ(笑)。

嬉しい事に、運営サイト『まんが松』への訪問者の方々より
戦国グッズ情報を教えていただく機会がめっきり増えまして、
俺の知らなかった戦国グッズ情報が舞い込んで来ます。
これには感謝する事しきりだ。

で、つい先日教えていただいた
『ペプシコーラに戦国武将のマスコットが付いてますよ』
という情報。
話によると、ペプシコーラの500mlペットボトルの景品に
戦国武将をデフォルメした
可愛いマスコットが付いているらしいのだ。

早速ペプシの公式サイトをチェックすると、
あったあった!
確かに、ペプシコーラ500mlに
戦国武将マスコットが付いてるじゃないか。
ちゃんと織田信長もあるのが嬉しい。

戦国武将だけではなく、幕末の人物などもある。
これはぜひ手に入れたいと、コンビニへ。

今日、ようやく入手しました。


ペプシのおまけ[織田信長その1]

『織田信長』。
鎧がちょっとアレなんだが(笑)
『織田信長』は『織田信長』だ。
そう言われると買ってしまうじゃないか。

さらに、伊達政宗も発見。
伊達も俺のお気に入り武将なので購入。


ペプシのおまけ[伊達政宗その1]

『伊達政宗』って、眼帯してたら
もうそれだけで『伊達政宗』だよな。
結構気に入っている。

さらにさらに。
これも俺のお気に入り武将の一人、
『真田幸村』もあったのでやっぱり購入。


ペプシのおまけ[真田幸村その1]

真田幸村は、鎧がかっこいいなぁ。
赤色ってずるいぞ!

袋の上からでは分かりづらいので、
開封して撮影してみた。


ペプシのおまけ[伊達政宗その2]

伊達政宗、かなりいい感じ。
兜がカッコいいよな。
前立て(兜の飾り)が良くできているなぁと。

次、行ってみよう。


ペプシのおまけ[真田幸村その2]

真田幸村、赤い鎧が派手だが良い出来。
家紋の『六文銭(ろくもんせん)』が妙にカッコいい。
今、時期がちょうどクリスマス前なので
兜に付いている『つの』が
トナカイのつののように見えてしまう(笑)。

じゃあ、次。


ペプシのおまけ[織田信長その2]

織田信長…

埴輪かっ!!!

もうね、開けて思わず突っ込んじゃったよ(笑)。
…いや、まぁあれだ。
これはこれで結構いいんだよ。

しかし、鎧の色のせいで
どうしても『埴輪』に見えてしまう(笑)。
こういう埴輪、あったよなぁ。
でも、なんのかんの言いながら
結構気に入っている。

造形も細かく作り込まれており、
飲み物の景品としてはかなり良い方ではないだろうか?
個人的にそう思う。

こういった物は、値段が安価な事もあり
ついつい購入してしまう。
昨今の戦国ブームは、俺としては嬉しい事だ。

他にも、戦国武将の鍋焼きうどんが
コンビニで発売されているという情報もいただいた。
探しているが、いまだ現物にはお目に掛かっていない。
俺の暮らす町が田舎だから流通していないのだろうか?

何はともあれ、
様々な戦国グッズ情報を教えていただきまして
本当にありがとうございます。
教えていただいた物を探しに行くのは楽しいです。
そして、発見した時はとても嬉しいもんですね。

信長っぽいアレ

以前から当ブログでも色々と話題にしている上、
『NOBUNAGA』なんてカテゴリまで作ってしまうほど
俺は織田信長が好きなのだが、
先日、完全な思い込みで
またまたこんな物を購入してしまった。

渋いキーボード

これ、ご覧の通りパソコンのキーボード。
一体これのどこが『信長』なの?
と言われそうだが、
俺は何となくこのキーボードが
『織田信長』っぽいと思ってしまうのだ。

勝手な思い込みなのだが、俺の中では
『織田信長=赤・黒・金』という色のイメージがある。
俺はこの三色が揃っているのを見ると、
『信長っぽいなぁ』なんて思ってしまう。

で、このキーボード。
色の組み合わせがまさにそれ。
深い赤に、黒のキー。
そして本体に金のふちどり。
一目見て『これは信長っぽい!』と妙に愛着が湧き
一発で購入してしまったというワケだ(笑)。

このキーボード、もうホントいいね。
色の組み合わせが俺イメージの『信長』。
勝手に『信長キーボード』なんて呼んじゃってるからね(笑)。

上の画像ではその雰囲気が分かり辛いので
さらにアップで。

キーボードをアップで

いやぁ、いいなぁ。
この色の組み合わせ、やっぱり『信長』っぽいわ。

この色遣いがたまらん

本体の深い赤に黒のキーだけでも十分なのだが、
ご丁寧に本体周囲に金のふちどりが。
写真ではその金色が上手く出ないのが残念。
キーの文字も金色っぽい色で書かれているので、
全体的に高級感あふれる一品。

俺の『織田信長=赤・黒・金』という思い込みで
勝手に織田信長っぽいキーボードなどと
喜んで購入したワケなのだが、
見た目が気に入っただけでは無く
その機能性にも惚れた。

キーボード自体に、USBメモリーのポート(差し込み口)が
2つ付いている。
これは便利だ。

キーはノートパソコンのキーボードのように
かなり薄くて軽いタッチだ。
ノートパソコンのキーボードが苦手な方にはおススメできないが、
個人的には使い勝手が良く、押した感触が気に入っている。

しかし、やはり一番気に入った部分は『色』。
見ているだけで妙に心拍数が上がってしまう俺(危険)。
もう、俺の中ではこれは
完全に『織田信長キーボード』だ(笑)。

で、一緒に見つけた面白いマウスパッドを合わせて購入。

味噌汁マウスパッド

はい出た〜。
みそ汁マウスパッド〜(笑)。
今にも湯気が立ってきそうなリアルな出来栄え。
一目見て気に入って即購入。
もう俺、こういうの大好き。

味噌汁マウスパッドと金色マウス

そこに、愛用している
金色のマウスを合わせてみると…

ワケ分らんわっ!!!

なんかもうね。
えらい事になってるよね。
俺、趣味悪いですか?(笑)。

俺が勝手に決めつけてしまった『織田信長キーボード』。
その横に『みそ汁マウスパッド』。
さらに『金色マウス』。
…俺のパソコン周辺は混沌としている。
まさにカオス!!!
もはや異空間!!!

しかし、このキーボードもマウスパッドも
大変気に入っている。
見るたびに嬉しくなる物って、いいよな。

戦国武将コーヒー缶!?〜ジョージア大人買い(笑)〜

昨日、コンビニでの買い物から戻った兄貴が
大変興味深い事を言うではないか。

『戦国武将のイラスト入りの缶コーヒーがあったぞ』

…何と。
『戦国武将のイラスト入り缶コーヒー』だと!?
それは気になる!
兄の話によると、何種類あるのかはちゃんと見ていないが
とにかく戦国武将のイラストが描かれた
缶コーヒーが売っていたとの事。

最近ゲームなどの影響で
主に女性の間で戦国ブームが巻き起こっているのは知っているが
(歴女(レキジョ)とか言うらしいな)
ついに缶コーヒーにまで戦国武将かいっ!

と言いつつも、即行コンビニへ向かった俺(笑)。
そんなの決まっているだろう!
俺の敬愛する『織田信長』様コーヒー缶を
手に入れるためだっ!

で、コンビニに到着して
すぐさま例の缶コーヒーを発見。
『ジョージア戦国時代の武将シリーズ』だとっ!?
これはイイなぁ!
おいちゃん、心拍数上がっちゃったよ(笑)。

イラストのクオリティがやけに高い。
いくら戦国武将とは言え、写実的過ぎるとコワいのだが
史実と空想の合間でほどよく美化されており、
どの武将も大変魅力的だ。
もんのすんごいツボにはまってしまう俺。

本当は織田信長だけ購入しようかと思っていたが、
現物を見ると全部そろえたくなってしまった。

と言うワケで。
単価も決して高くは無いのでジョージア大人買い!
コーヒーはブラックしか飲まないのに大人買い!(笑)。

ジョージア戦国時代の武将シリーズ・織田信長

織田信長!!!
かっこえええええええ!!!


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・伊達政宗

伊達政宗も好きなのでもちろんゲット。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・真田幸村

真田幸村もかなりいいなぁ。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・前田慶次郎

前田慶次郎とかね、もうね。
たまらんよな。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・直江兼続

はいきた〜。
大河ドラマの影響で
最近人気上昇中の直江兼続〜。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・上杉謙信

上杉謙信もやたらとかっこいいぞ。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・武田信玄

武田信玄までもついゲット(笑)。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・徳川家康

俺的にはそんなに憧れの武将ではないが、
徳川家康も押さえておいた。


ジョージア戦国時代の武将シリーズ・豊臣秀吉

やっぱり、俺的にはそんなに憧れの武将ではないが
豊臣秀吉も一応ゲット(笑)。

全10種のうち、一種類だけ見付けられなかったが
ホームページで調べてみると『黒田官兵衛』だった。
俺のツボにはまる武将ではないので(すまん)
あえて買わずにおいた。

兄貴も『これはかっこええなぁ』と感激することしきりだ。
やっぱり織田信長が一番かっこいいと言う。
缶コーヒーひとつで、
二人して大いに盛り上がってしまったじゃないか。

では、俺と兄貴が独断で決めた『イケ過ぎ武将』の
顔をアップでご紹介(笑)。

織田信長アップ

これはもう、文句なしに一番。
鎧のイメージも最高にイイ感じ。


伊達政宗アップ

伊達政宗は、眼帯が何だかカッコいいよな。


真田幸村アップ

真田幸村もかなり渋い。
赤い鎧っていうのがまたカッコいい要因だよな。


直江兼続アップ

直江兼続もイケてる。
一番男前ではなかろうか?

全部並べて置いてみると壮観だ!

並べると壮観!

むぅ…。
ジョージアの罠にかかってしもうたわ(笑)。
つい大人買いしちゃったよ。
クオリティが高すぎて、
飲んだ後の缶とか捨てられないよな。

こうなってくると、何だかあと一種類も
買わずにいられなくなってきた。
他のコンビニに探しに行ってみようか…。

それにしても、こういうのはホントいいなぁ。
親父も生きていりゃ、最近の戦国ブーム。
きっと喜んだ事だろう。
親父がこのコーヒー缶を見たら
何と言っただろうか?

何はともあれ、やっぱり大人買いしてしまった
『ジョージア戦国時代の武将シリーズ』。
並べてニヤニヤしながら眺めている俺は、
我ながら、かなりあやしいぞ!(笑)。

【今回の内容に関連する話】
最近親父に似てきたなぁ…(親父の影響で戦国かぶれ発症)

戦国好きの血が騒ぐ!〜大人買いしそうな予感〜

今日、子供向けのお菓子ではあるが
なかなか渋い商品を発見した。

子供向けの割には渋いお菓子「戦国紋章」

その名も『戦国紋章』
どうよ、コレ。
渋いなぁ。
渋すぎるよなぁ…(笑)。

ラムネ菓子などの老舗『オリオン株式会社』の製品。
名前やパッケージも渋いが、
おまけの『戦国紋章シール』とやらが、かなり渋い。
『紋章』と言うか、つまりは『家紋』だ。
戦国武将の家紋のシールが入っている模様。

母親の買い物に付き合って大型スーパーへ出向いた際、
子供のお菓子売り場で発見した一品。
それにしても…。
『子供のお菓子売り場を一人で歩く中年』という絵面(えづら)は
かなりあやしいものだったと思うが、もはや俺は気にしないぞ!
っていうか、気にしろ、俺っ!(笑)。

以前、当ブログでも話題にした事があったが
『戦国好き』な親父の遺伝子を見事に受け継いだ俺。
こんな物見つけたら血が騒ぐじゃないか。

一つ60円という、割と安価な価格設定のせいもあり
とりあえず3つほど購入した。
おまけの『戦国紋章シール』とやらに興味があったし、
何より俺の敬愛する(笑)『織田信長』の
家紋シールが出たら嬉しいとか思ってしまったワケよ。
俺、まだまだ頭の中身は子供だよな。

自宅に戻って、早速ワクワクしながら開封。
こういう『何が出るかな』感は、いくつになってもいいもんだ。

中身のラムネ菓子

ちなみに、中に入っているラムネ菓子もかなり渋い。
渋いというか、ちゃんと『戦国』に関する物になっている。

画像では分かり辛いが、
このラムネ菓子は『栗』の形をしている。
つまり『勝栗(かちぐり)』をイメージしているのだ。

『勝栗(かちぐり)』とは何か?
子供の頃に親父から聞いた話でうろ覚えなのだが、
『かち栗』とは、生栗を乾燥させた一種の保存食で
戦国時代、武将たちが出陣の前に
縁起をかついでかち栗を食べたのだという。
『かち栗=勝栗』という、言葉の響きが
縁起がいいからなのだろう。

このラムネ菓子。
あなどれん…。
企画者もなかなか戦国通と見た(笑)。

で、ワクワクしながらおまけの『戦国紋章シール』とやらを確認。
一発目はコレだ。







おまけのシール「山本勘助」

渋いわっ!!!

子供のお菓子のおまけにしては渋すぎるわっ!!!
俺、思わず全力で突っ込み入れちゃっただろうがっ(笑)。
子供がこのシールをノートや筆箱に貼ったりする姿を想像すると
何だか愉快でつい笑ってしまった。
イイね、コレ。

ちなみに、山本勘助は武田軍の軍師か何かだったと思う。
正直俺は、武田信玄の配下はよく分からんが
一般的にも有名な武将じゃないだろうか。

織田信長の『戦国紋章シール』が出なかった事にがっかりしつつ
『次こそは』と、もう一つ開封。








おまけのシール「明智光秀」

まさかの明智光秀!!!

って、待て待て待て待て待てぇいい!!!
織田信長に謀反した張本人じゃねぇかっ!!!
織田好きの俺に対して、よりにもよって明智かいっ(笑)。
この偶然には爆笑した。

いや、まぁ。
織田信長への謀反に関しても、諸説あるからなぁ。
明智光秀も利用されていたのかも知れないとか。
『明智=悪人』っていう事は決して無いよな。
これはこれでよしとしよう。
しかし、何たる偶然。

で、これでどうだ!ともう一つ開封。



おまけのシール「石田三成」

はい、石田三成〜(笑)。
気合い入れて開封したけど石田三成〜。
みっちゃん〜(意味不明)。

石田三成は豊臣秀吉配下だよな。
そう言えば、滋賀県長浜市の駅前に
何か銅像があったはず。
しかし、俺の琴線には触れない武将だ。

う〜ん。
残念ながら織田信長は出て来なかった。
非常に悔しい。

そりゃ、考えてみれば難しい話だよな。
『戦国紋章シール』は、全部で30種類+シークレット1種類がある。
31種類の中から1種類を引き当てるのは
確率的になかなか難しい事だ。

シール自体の完成度は思った以上に高く、
様々な色があるのも楽しい。
子供向けのお菓子ではあるが、戦国好きの大人も楽しめる一品。

しかし、このシールはいいなぁ。
おまけの『戦国紋章シール』を、全種類そろえたくなって来た俺。
大人買いしそうな予感が…(笑)。
ヤバいなぁ…。

それにしても。
子供同士で『俺の明智とお前の石田交換してくれや〜』
って感じの会話とか、聞いてみたいよな。
それって渋いよな…。
このお菓子がブレイクしたら
そういった光景も見られるかも知れない…。

【今回の内容に関連する話】
最近親父に似てきたなぁ…(親父の戦国好き遺伝子が開花!)

これは無いわ。

織田信長バッジ明智光秀バッジ

以前からこのブログでも何度か記事にしているが、
俺は織田信長が大好きだ。
親父の戦国マニアの血を受け継いだ俺。
それが成人してから開花したらしく、
一時は俺にも『戦国狂い』の時期があった。

最近では一段落して落ち着いてきたものの、
俺の中で『織田信長ブーム』が巻き起こっていた時に
ゆかりの地へ赴(おもむ)き、購入したグッズ類がいくらかある。
それらを改めて見てみると、結構笑える物が出てきた。

それが上の画像。
『一体何事か?』と思われそうな物体(笑)。
何かと言うと、これ、缶バッジだ。
今からもう何年前になるだろうか。
俺が京都の『本能寺』へ行った時、
その敷地内にある『宝物館』の売店で見付けた物だ。

『本能寺』と言えばもちろん、織田信長が明智光秀の謀反に遭い
自害して生涯を終えたとされる有名な場所だ。
現在の本能寺の場所は、天正10年(1582)に
『本能寺の変』が起こった場所とは違う。
本能寺は何度か焼失しており、
現在の本能寺は豊臣秀吉によって移動された後のものだ。

寺の敷地内には織田信長やその一族、
そして森蘭丸などのお墓や供養塔もある。
信長好きの俺は『一度は行っておかなくては』と、
ちょっと墓参り気分でいそいそと足を運んだ次第である。

さて。
本能寺敷地内の『宝物館』の売店で見付けたこのバッジ。
ひと目見た時の俺の第一印象は
『なんじゃこりゃあぁ〜っ!?』だった(笑)。

いやもう、本当にビックリした。
色んな意味でビックリしたよ。
ある意味『斬新すぎる!!!』。

もう突っ込み所が多すぎて、何から突っ込んでいいのか分からない。
ただ一つだけ確信したのは
『コレは買わなくてはならない!』という事だった。
何かもう『コレは買うしかないだろっ!』って思ったよ。
家に持ち帰って、自宅でゆっくり突っ込みを入れたい気分だった(笑)。

この『織田信長バッジ』と『明智光秀バッジ』を
半笑いで購入した俺。
(確か当時1個200円だったと思う)。
家に帰ってから改めて見直して、やっぱり爆笑した。
ただひたすら笑った笑った。
もうこのバッジ、破壊力あり過ぎ!

『元気いっぱい、のぶながくん。』て。
『しびあな計算、みつひでくん。』て。
いやもう、ホント『シビア』だよ。明智光秀シビアだよ!
なんてったって謀反起こしたからね。

しかも二人とも、着物の家紋が『の』とか『み』とか。
ひらがな1文字の家紋って…。
なぜ『織田』の『お』と、『明智』の『あ』じゃないんだろうとか
そんな事まで気になってしょうがない。

信長の真横に伸びたヒゲとか、
光秀のほっぺにニキビ的な物があるのとか、
なんか全体的に『ふにゃり』とした絵の雰囲気とか色使いとか。
それら全てが得体の知れないハーモニーを奏で
独自の世界をかもし出している。
これは結構、織田系のレアアイテムではなかろうか?
…いや、そうでもないか(笑)。

もちろん、この『のぶながくん』と『みつひでくん』バッジを
実際に使う事は無いのだが、
見ているだけで何か愉快になってしまうこのアイテム。
謀反を起こした明智光秀すら可愛く思えてしまうから、
これは『癒し系』のアイテムという事にしておこう(笑)。

しかし…。
久しぶりに見たが、やっぱり破壊力あるなぁ。このバッジ。

【このブログに関する記事】
『最近親父に似てきたなぁ…』(俺が戦国かぶれになったと思われる理由)

| 1/2PAGES | >>

■暦(こよみ)

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

■プロフィール

■運営しているWeb漫画サイト

■最近の記事

■分類

■以前の記事

■ブログ内検索

■その他