ウミツナガリ?

運営サイト『まんが松』にて掲載している
オリジナル漫画『サトルと微妙な仲間たち』。
以前より、その漫画へよくいただくご質問がある。
今回はそれについての話。

よくいただくご質問。
それは『登場人物の名前』についてだ。

『サトルと微妙な仲間たち』の登場人物に、
『三井寺渚』
『安土ミナト』
『三井寺航(わたる)』
という登場人物が居る。

で、作品をご覧になってくださった方々より
『三人の名前を"海関連"で揃えているのですか?』
というご質問をよくいただく。

実は、こういった質問はとても嬉しいものだ。

単に話の内容だけではなく
登場人物の名前まで気に止めてくださったのかと、
俺は本当に嬉しくなってしまうのだ。

それはさておき…。
三人の名前の件についてだが、
実は『海関連で揃えるつもりは無かった』というのが
俺からの回答だったりする(笑)。
完全に『偶然』というか、そうなってしまったのだ。

三井寺渚の名前について。

三井寺の名前は、男でも女でも使えるような
中性的な名前にしようと決めていたので、
いくつか候補を考えた。

色々と考えたが、
個人的に『渚』という漢字が
字面(じづら)的に好きな事と、
音の響きも気に入っているのでこの名前に決めた。

安土ミナトの名前について。

名前を『ト』で終わる名前にしたいと考えていた。
『悠斗』とか
『隼人』とか
『マコト』とか
『海斗』など
色々候補をあげたが、どうにもしっくり来ない。
どれも登場人物のイメージと違うと思った。

なかなか決まらず行き詰っていたところ、
ふと目にした新聞の記事に『みなとみらい』の文字が。
『これだ』と思った。
『みなと』という名前にしようと決めた。

当初、『湊』という漢字で行こうと思っていた。
しかし『みなと』ではなく
『そう』と読み違いされる事も考え、
また『渚』という名前と同じ漢字一字では
紛らわしいと思ったので
『湊』という漢字を使うのをやめた。

ひらがなで『みなと』よりも、
カタカナで『ミナト』というのが意外と良かったので
最終的にそれに決定。

三井寺航(わたる)の名前について。

三井寺渚の兄である航。
『わたる』という名前はすんなりと決まったが、
漢字を決める時点で少し迷った。

最初は『渉』に決定してそれで進めていたが、
やはり『さんずいへん』の漢字一字では
『渚』との名前の区別が紛らわしく、
読み手の混乱を避けるため
『航』という漢字に変更した。

この三人の名前。
『渚』と『ミナト』、そして『航』(航海の航なので)。
確かにどれも『海』に関連する名前で
あえて『海つながり』にしているように見える。

しかし、実はそんな目的は全くなかった(笑)。
海つながりにしようと思って
わざと決めた名前では無いのだ。

『偶然』と言えば『偶然』なのだが、
確かに、航の名前を『渉』から『航』に変更した時には
我ながら『海関連だなぁ』と思ったものだ。

素人漫画とは言え、
登場人物の設定には
それなりに様々なこだわりがある俺。
そんなにこだわってどうするんだ、俺よ(笑)。

以上。
俺からのひとくちサイズの報告でした。

いつも、作品への感想だけではなく
色々なご質問を投げ掛けてくださる方々。
そういったご質問は大歓迎です。
本当にありがとうございます。

実はそうなんです〜アイツのちょっとした秘密〜

本日、10月3日は
俺が『mangamatsu.jp』のドメインを取得した日。
今日でちょうど2年目となります(取得は2007年10月3日)。
※ドメインにつきましては
『ドメイン』っていうより『ダメイン』参照

まずは、先にドメインを取得。
それからホームページと漫画の制作を行い
11月1日に『まんが松』を開設しました。
もうすぐサイト開設から2年目を迎えますなぁ(遠い目)。

で、この10月3日という日付。
恐らく居ないだろうとは思いますが(笑)、
何かピンと来た方は『まんが松』中毒と認定します。
『中毒』なんていう言い方もちょっとアレなんですが、
あえて『中毒』と言わせていただきます。
10月3日でピンと来たら、それぐらいスゴイです。
そんな方がおられたら、もう土下座しに行きたいです。

さて、その10月3日。
一体何があるのかと申しますと。

それは『サトルと微妙な仲間たち』の
(一応)主人公である(笑)『志賀サトル』の誕生日です。
そうです。
実は、サトルの誕生日は『mangamatsu.jp』の
ドメイン取得日だったワケです。

他の登場人物にも、それぞれ誕生日の設定がありますが
それらも適当に決めたのではなく、
ちゃんと『理由』があってその誕生日に設定されています。
こんな所でも、俺のこだわり大爆発!
『どうでもいいよ』と言われそうですが(笑)。

何はともあれ。
サトルの誕生日は本日10月3日。
『mangamatsu.jp』ドメイン取得日だったという事で。

以上。
登場人物のちょっとした秘密でした。

ひとくちサイズの夢ひとつ達成

さて、先日当ブログでも申しておりました
俺の『ひとくちサイズの夢』。
その内の一つが、ついに叶いました。

すぐに叶えられる程度の、
まさに『ひとくちサイズ』の夢ではありましたが
俺はかなり感激しています。
自宅の貯金箱に17円入れたので、聞いて下さい(笑)。

では本題。

最近ハマって制作を続けていた
『サトルと微妙な仲間たち』登場人物の『ちびキャラ』。
それを利用して、オリジナルグッズを制作しました。
作った物は『マグカップ』です。

せっかく制作したちびキャラ。
自己満足とは思いつつも、日々利用する物を作ってみたい。
そこで、コーヒーが好きな俺は
よく使うマグカップを作ろうと思い立ち
ちびキャラを利用してオリジナルマグカップを制作しました。
そしてこれが、そのオリジナルマグカップのデザイン全体図です。

『サトルと微妙な仲間たち』オリジナルマグカップデザイン
(※クリックすると別窓で画像が出ます)

どうでしょうか?
『デザイン』というよりは
単にちびキャラを並べただけですが(笑)
デザイン範囲が限られているのであまり凝ったデザインは不要と思い
あえてこのようなデザインにしました。
キャラクターをなるべく大きく目立たせる事。
それを一番の意図としています。

ちなみに、三井寺の隣に別所が居るのは
決して俺から三井寺への嫌がらせではありません(笑)。

では、そのデザインがマグカップになると
どのような完成品に仕上がったのか。
届いた現物を写真で紹介いたします。

箱に入っているオリジナルマグカップ

完成品はちゃんと一つずつ箱に入れられており、本格的。

箱から出すのがドキドキするなぁ

こういうのは、箱から出す瞬間がドキドキするなぁ。
ちゃんと袋にも入っているのがいい感じ。

一周見てみよう

一周ぐるりと全体像を紹介。
俺は右利きなので、まずは正面にあたる部分。
近江研究所メンバーが。

さらに左回転

そこから更に左回転。
ここら辺には三井寺や別所、伊吹や航が居ます。

ぐるっと裏側へ

更に左回転で、裏側の方へ。
余呉ラボラトリーメンバーや、さぶ太郎
大塚・兄が見えてきました。

これで一周

はい。これで一周完了。
先に紹介しましたオリジナルマグカップデザイン
マグカップに印刷すると、このような完成品になる訳です。

もちろん、一般では売っていない
自分だけのオリジナルデザインマグカップです。
しかも、自分の漫画のキャラクターとなると
より一層、愛着も湧いてしまうというものです。
…俺、自分のキャラクター愛しすぎ(笑)。

そしてこの『サトルと微妙な仲間たち』オリジナルマグカップ。
印刷を依頼した会社のサイトにて、画像が紹介されています。
(2009年6月現在)

株式会社創結(そうゆう)
オリジナルマグカップ詳細ページ

※ページ中央ぐらいの料金表の下『デザイン実例紹介』にて
『サトルと微妙な仲間たち』マグカップの画像が紹介されています。

自分のキャラクターが他のサイトに居るのは
何だか不思議な気分です。
しかし、実は結構嬉しかったりします(笑)。
創結様、ありがとうございます!

このオリジナルマグカップ。
当然ながらデザインも自由で、オリジナリティ溢れる物を
制作する事ができます。
ロット単位で注文しなくても、1個からでも受注していただけます。
(この『1個から制作受注』というのがなかなか無い上に、
あっても高かったりします)。

しかも価格も大変手頃で、デザイン依頼をしない場合
1個1,260円からという価格設定は
決して高くはありません。
制作すればするほど単価が安くなるのでお得ですね。
マグカップ自体の質も良く、電子レンジでの使用も可能です。
記念のプレゼントにも喜ばれる一品に。

さて。
これで俺が、自分のオリジナルキャラクターを
どれだけ溺愛しているか、お分かりいただけたと思います。
引きましたか?
さすがに引きましたか!?(笑)。

日常の中でも、できるだけ彼らと一緒に過ごしたい。
そんな俺の『自キャラ溺愛』っぷり。
今後も暴走して行くと思いますので、
どうぞ笑って見守ってやって下さい。

いやしかし。
このマグカップを見ているだけで、創作意欲が湧くというもの。
次の俺の野望も達成せねば!
わはははは!(俺は何者やねん)。

今回、俺がこの『オリジナルマグカップ』を注文したのは
以下の会社です。
感動提案工場本店『株式会社創結(そうゆう)』

【今回の内容に関連する話】
二代目『たまる君』導入
(自宅貯金箱の件)

サトルメンバー、世界と戦う(笑)

止まる事を知らない、俺の自己満足第2弾。
今回も自己満足で暴走してます。

以前、このブログでも紹介いたしました
『サトルと微妙な仲間たち』のキャラクターのMii
(『Mii』=任天堂のゲーム機『Wii』で作れる似顔絵)。
あくまでも雰囲気を表現できているだけに過ぎないが、
俺はサトルメンバーのMiiをとても気に入っている。

5人並んだ所
『Wii Music』でのサトルメンバー。5人だけですが…。

今回はその『サトルと微妙な仲間たち』メンバーのMiiを使い、
『マリオカートWii』で遊んでいる。
しかも、自宅で遊ぶだけではなく
『ニンテンドーWi-Fiコネクション』をつないで
世界各国のプレイヤー達と対戦しているのだ(笑)。

『ニンテンドーWi-Fiコネクション』というのは
簡単に言えば『通信機能』で、
インターネットを使ってサーバに接続し、
データを交換したり、ソフトなどをダウンロードしたり、
そして今回のように遠く離れたプレイヤーと遊べる…。
そういった機能です。

で、その『ニンテンドーWi-Fiコネクション』。
それをつないで世界中の『マリオカートWii』プレイヤーが参加する
各種レースやバトルに参加している。
それも『サトルと微妙な仲間たち』のキャラクターのMiiで…。
どんだけ自己満足なんだよ、俺っ!

『マリオカートWii』は、その名の通り
『カート』を使ったレースゲームです(バイクも使える)。
しかし、普通のレースゲームとは違い
レース中にあらゆるアイテムで相手を妨害できるという、
かなり何でもアリのレースゲーム。
もう、これが面白くてやめられない。

ゲーム性はもちろん面白いのだが、
やはりMiiを使って参戦できるのが更に面白さを増している。
家族と対戦していても、それぞれのMiiが良く似ているので
本当に『対戦している』という気分になれる。

そして、そのサトルメンバーのMii。
『マリオカートWii』には、以下の様子で参戦しております。
各キャラクター、全体的になぜか丸々とした体型にされてしまう(笑)。

マリオカートWii_サトル1マリオカートWii_サトル2
サトルのMii。クラスは軽量タイプ。カートで参戦。
こじんまりした感じがサトルらしいかと。

マリオカートWii_近江1マリオカートWii_近江2
近江のMii。クラスは重量タイプ。バイクで参戦。
なんか下っ腹出てるよなぁ(笑)。何だそのポーズは!

マリオカートWii_三井寺1マリオカートWii_三井寺2
三井寺のMii。クラスは標準タイプ。バイクで参戦。
メガネでレース参加は危険だぞ!

マリオカートWii_安土1マリオカートWii_安土2
安土のMii。クラスは標準タイプ。バイクで参戦。
三井寺と違い、レーサータイプのバイクにしてみた。

マリオカートWii_別所1マリオカートWii_別所2
別所のMii。クラスは標準タイプ。カートで参戦。
カートの上でも半笑い(笑)。
奴はクラッシュしても笑っていそうで怖い。

それにしても。
なぜどのキャラクターも下っ腹が出てるんだろうな…。

このメンバーのどれかで、世界対戦に参加しています(笑)。
もう自己満足もここまで来ると、もはや才能の域ではないだろうか?
(自己満足の才能って何なんだよ…)。

もちろん、名前は各キャラクターの名前で参戦しています。
マシンは変更する事もありますが、バイクが気に入っている。

世界中のプレイヤーが集まるレースで、
しかも『サトルと微妙な仲間たち』など知っている人はわずかで、
その上サトルメンバーを知っていても、WiiとマリオカートWiiを
持っている人がどれだけ居られるかも不明です。

そんな条件なので、出会うのは恐らく天文学的な確率だと思いますが、
万が一『Wi-Fiコネクション』を使用してのレースで
彼らサトルメンバーのMiiと対戦する機会がありましたら、
『あ、松が参加してる!』と笑ってやって下さい(笑)。
キャラを操作してるのは俺なので。

また、レース中に笑えるのがキャラクターのノリの良さ。
販売ターゲットを海外(特に英語圏)に重点を置いているのか、
発する言葉が全員英語っぽい(笑)。

三井寺や安土など、標準タイプのキャラを選択すると
『Yeah!』などとノリノリで言うので、思わず笑ってしまう。
レース中も『Oh!』だの『HaHaHa!』だの
喜怒哀楽の表現が完全に英語圏のノリ(笑)。
レースどころでは無いほど笑ってしまいます。

以上。
俺の究極の自己満足第2弾。
もう、暴走が止まりません…。

【今回の内容に関連する話】
『サトルと微妙な仲間たちバンド結成〜究極の自己満足〜』
(俺の自己満足第1弾)

サトルと微妙な仲間たちバンド結成〜究極の自己満足〜

今回の内容、かつて無いほどの自己満足炸裂な内容です。
もう我ながら『俺という奴は…』とあきれ返ってます。

先日、小学生の姪っ子が遊びに来るので
何か新しいゲームでも用意しておいてやろうと思い、
任天堂のゲーム機『Wii』のソフト『Wii Music』を購入。

『Wii Music』は、ちょっと特殊なゲームだ。
内容としては『楽器を演奏するゲーム』なのだが、
失敗だとかゲームオーバーだとかいう概念が無い。
自由に楽器を演奏して楽しむ事ができるゲームだ。
コントローラーを適当に振ったり
ボタンを押すだけで気持ち良く音が出る。
本当に自由にやらせてくれるので、ストレスが溜まらない。

また、更に面白いのが
自分の演奏した曲を『ミュージッククリップ』として
保存しておく事が出来る。
しかも、自分で簡単なジャケットのデザインが出来るので
それもなかなかハマってしまう。

そして、この『Wii Music』。
ハマってしまう理由は他にもある。
それは、自分自身の『Mii(ミー)』でプレイ出来る事だ。

『Mii(ミー)』とは、ゲーム機『Wii』で作る事が出来る
いわゆる『似顔絵』だ。
作りようによっては、本当に自分や家族そっくりに作れてしまう。
面白いので、俺ら家族の分の『Mii』は全部作ってある(笑)。

そんな、自分そっくりの『Mii』を使って
色んな楽器を演奏する事が出来るので、
まるで自分自身が本当に演奏しているような気分になれる。

遊びに来て、大喜びで早速やってみた姪っ子。
大変お気に入りの様子で、色んな曲を自由に演奏しては
クリップを作ったり、ジャケットをデザインしたりと
色々と楽しんでいた。
彼女は自分の『Mii』が画面の中であらゆる楽器を演奏したり、
歌ったりする様子がとても楽しいらしい。
俺ら家族とのセッションも大いに楽しんでいる。

そんな『Wii Music』。
そして、俺の何気ない一言からそれは始まった…。

『自分の漫画の登場人物で演奏できたら楽しいだろうなぁ…』。

『Mii』で『サトルと微妙な仲間たち』のキャラの似顔絵を作って、
その『Mii』で『Wii Music』をプレイしたら楽しいのではないかと
まさに究極の自己満足を思い付いた俺。
そして、それを聞いた俺の兄貴。
なんかもう急にノリノリになって『やってみよう』と言い出した。
どうやら『Wii』で似顔絵を作るのが好きらしい…。

しかし、似顔絵のパーツはデザインが限られており
『サトルと微妙な仲間たち』のキャラクターの似顔絵は
ほとんど無理だと思っていた。
特に『サトル』なんか絶対無理だろう。

俺の兄貴いわく『近江鋼鉄は絶対作れるって!』と断言。
…いや、名前間違ってますから。
『近江鋼鉄』じゃなくて『近江岩鉄』ですから(笑)。

『まあ、とりあえずやってみよう』という事になり、
俺と兄貴で『サトルと微妙な仲間たち』の『Mii』作りが始まった。
二人してああでもない、こうでもないと
試行錯誤を繰り返して各キャラに一番近い状態に近づけて行く。

で、挑戦した結果、以下の5人の似顔絵が完成。
髪型(髪の色)や、細かい部分まで『そっくり!』という訳では無いが、
あくまで『雰囲気』を表現出来ているのではないかと思う。
他のキャラクターも作りたかったが、
髪型(髪の色)や顔のパーツがしっくり来る物が無く、
雰囲気すら表現出来ませんでした。

では、完成した『サトルと微妙な仲間たち』の『Mii』をご覧下さい。
(※画像は『Wii Music』に登場時の画像です)

サトルのMii
志賀サトル
兄貴と俺の自信作。一番出来そうに無いと思っていたが
一番似ているのではないかと自負している。

近江のMii
近江岩鉄
髪型がちょっと微妙。雰囲気が出ているので良しとしよう!

三井寺のMii
三井寺渚
これ、兄貴の一押し。確かに作りやすい顔ではあったが…。

安土のMii
安土ミナト
髪型がしっくり来るのが無かったため、このような結果に。
少しは雰囲気が出ているので良しとしよう。

別所のMii
別所賢次郎
近江研究所員に混ざっている、ライバルのはずの別所(笑)。
これも髪型と髪の色が納得行かないが(別所は深い青色の髪色)
まあ似ているという事で。

5人分のMiiを並べてみました
5人並んでいる所。
下には俺や家族の『Mii』が並んでいるので、念のためモザイク(笑)。

…いやいやいやいやいや。
コレはヤバイ。本当にヤヴァイ!!!(笑)。
俺、どんだけ自分のキャラクター好きやねんっ!!!
途方に暮れるほど最強の『自己満足』だなぁ…。

でも、実際この『サトルと微妙な仲間たち』の『Mii』で
『Wii Music』をプレイすると、
自分の『Mii』でやるより100倍楽しいぞ!
俺、自己満足大爆発!

と言う訳で、『サトルと微妙な仲間たち』の『Mii』で
色んな曲を演奏。
各曲のムービークリップのジャケットを作りました。

ジャケット1
別所にドラムは似合わないなぁ。
周りはロックな感じなのに、一人バイオリンの近江が笑える。

ジャケット2
安土にアコーディオンとか。何だ、そのポーズは。

ジャケット3
サトルにマラカスが結構似合うかと。

ジャケット4
三井寺と別所が演奏しているのはスチールドラム(スチールパン)。
同じポーズで決めてみました(笑)。

ジャケット5
オーケストラっぽくしてみました。
近江にチューバが似合っているような。

ジャケット6
クリスマスによく聴く『もみの木』を
ハンドベルで演奏。
別所には鈴とか地味な楽器が似合うなぁ(笑)。

ジャケット7
『スカボローフェア』を演奏。
三井寺が持っているのは『バグパイプ』。
サトルがノリノリです。

ジャケット制作も結構夢中になってしまいます。
色んなパターンで作れるので面白いですよ。

そしておまけ。
まるで昭和のフォークシンガーのような近江。

フォーク歌手みたいな近江
俺、笑い過ぎ(笑)。

それにしても…。
いい歳した大人が一体何をやっているんだろうか(笑)。
あと、何とか作れそうなのは大塚洋和(弟)ぐらいかなぁ…。

俺的には『Wii Music』はオススメのソフトです。
難しい操作が必要ないのがいいですね。
凝り性の人は、結構ハマるのではないでしょうか?

こだわりのアレ

最近、内輪からなのだが
ちょっと面白い質問をいただきました。

『なぜ近江さんは、三井寺君と安土君を
"ナギ"だの"アン"だの愛称的な物で呼んでるの?』

まさか、こんな事を気に掛けているとは思っていなかったので
この質問には俺がビックリしました。

『三井寺君と安土君は、お互いに名前や名字で呼び合ってるのに
近江さんだけ二人を愛称で呼んでるのは何でかな〜と思って』との事。

ご本人には口頭で説明しましたが、
同じ疑問をお持ちの方がおられるかも知れないという前提のもと、
あえてここで語らせていただきます。
俺の勝手なこだわりと設定なので、若干気持ち悪いかも知れません。
ご了承下さい。

近江岩鉄が三井寺渚と安土ミナトを
『ナギ』だの『アン』だの愛称で呼ぶ理由。
それは『公私混同してはいけない』と考えているからです。

漫画本編やキャラクター設定をご覧の方々はご存知かと思いますが、
三井寺君と安土君は近江研究所に住み込みで働いています。
というか、もう『暮らして』います。
言わば近江研究所は『会社』であり『自宅』です。
そしてお互いに『上司』と『部下』であると同時に
もはや『家族』みたいな物でもあります。

近江さんは、勤務時間内(9:00〜17:30)は
二人の事を『ナギ』『アン』と呼びます。

それなら、なぜちゃんと名字で呼ばないのか。
ただ単に『面倒臭いから』です(笑)。
『みいでら』や『あづち』は言うのが面倒臭い。
だから愛称で『ナギ』と『アン』で呼んでいるのです。

休日や勤務時間以外の時間帯、夜などは
普通に『渚』や『ミナト』と名前で呼んでいます。

今回掲載中の番外編『邂逅〜かいこう〜』でも
近江さんが最初のページで『ミナトには…』と言っていますが、
俺の設定忘れによる誤植ではありません(笑)。

二人に対する呼び方は、
『仕事』は『仕事』、『プライベート』は『プライベート』、
公私混同してはいけないという近江さんのこだわりです。

…というのが、俺の考えた設定です。
まだ他にも、各キャラクターごとに
他人が聞いたらちょっと引くような設定まで考慮してありますが、
あえて語らずにおきます。
俺、やり過ぎ!

以上。
俺のこだわり過ぎの内容設定でした!

『安土君が小さい!』

以前より、俺の漫画を読んだ某友人から
言われている事がある。

『安土君小さいなぁ〜』。

…特に、先日更新した第11話の表紙の『安土ミナト』が、
『近江岩鉄』に比べてもんのすんごく小さく見える、って言うか小さっ!
という突っ込みを頂きました。

違うんだ!!
『安土ミナトが小さい』んじゃなくて、
『近江岩鉄がデカい』だけなんだよおぉぉおおっ!!(笑)。

ちなみに、『安土ミナト』の身長は167cmで、
『近江岩鉄』の身長は191cmです。
あえて言うなら『三井寺渚』は175cm。

画像を並べるとその対比がよく分かるはず。
近江研究所の『研究バカ3人(笑)』の身長対比画像を用意しました。

『近江研究所員3人の身長対比図』
※クリックすると、別窓で身長対比画像が出ます。

…う〜ん、確かに『安土君小さい』なぁ(笑)。
っていうか、近江岩鉄の持ってるたい焼き、デカっ!!
こんな所でも俺の画力不足大爆発!(泣笑)。

俺の中では『近江岩鉄』は、
とにかく『身長がやたらと高い男』という絶対的なイメージがあった。

『安土ミナト』は、全体的に細身で小柄なイメージ。
でも、本人は身長の事は特に気にしていません(笑)。

確かに、俺のデッサン力(りょく)が無いせいで、
漫画本編も絵はグダグダ、キャラクターの顔もアレなんだけど(泣笑)、
『安土ミナト』の身長に関しては、意図的にそうしているので
作画に失敗している訳ではないのだ。

というワケで、
俺の自己満足炸裂脱力系オリジナル漫画サイト 『まんが松』 の、
『登場人物紹介』 の全キャラクターの身長を公開しました。
俺が漫画を描く前に、初めに自分で設定した身長です。
漫画を描く上で、身長はとても重要な決まり事だと思うので
最初にちゃんと決めました。

しかし、キャラクターの身長などという情報は、
俺が漫画を描く上で自分だけが理解していればいいと思い
今まで公開していませんでした。
でも、やはり『安土君小さいなぁ』ってご意見を、
2人の人から言われた以上は俺も言い訳がしたくなり、あえて公開(笑)。

ちなみに、全キャラクター中『近江岩鉄』が圧倒的に長身です。
漫画本編でも『余呉千里』と向かい合った時も
相手を見下ろしています。

時々、身長の対比がおかしい時もありますが
それは漫画なのでご勘弁を(笑)。
俺のデッサン力が無いせいなので、まぁ笑ってやって下さい。

途方に暮れるほどどうでもいい情報ですが、
キャラクターの雰囲気をつかんで頂ければ幸いです。

以上、俺からの言い訳でした!(笑)。

| 1/1PAGES |

■暦(こよみ)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■プロフィール

■運営しているWeb漫画サイト

■最近の記事

■分類

■以前の記事

■ブログ内検索

■その他