生存報告ともう一つの報告

いやはや…。
皆様、本当にお久しぶりです。

まずは、運営サイト『まんが松』の更新が
長らく停止しております事と、
当ブログ『松風呂』の更新も滞っている事に
心よりお詫び申し上げます。

更新が滞っていた間、数多くのメールをいただき
俺は本当に驚きました。
その内容が、俺の身を案じるものばかりだったからです。

俺の安否を気遣ってくださった方々、
何かあったのだろうかと心配してくださった方々、
本当に申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました。

少し長くなりますが、
良かったら俺からの報告を聞いてください。

まずは、生存報告です。

俺は、生きています。
もちろん、元気です。
ピンピンしてます。
やけに活きのいい中年です(笑)。
だからどうか、安心してください。

そして、もうひとつの報告です。

おかげ様で、今年の8月に結婚いたしました。
現在、新居で伴侶と新婚生活を送っております。
ちなみに、愛犬『あんこ』も一緒です。

これまで運営サイトや当ブログを
ご覧になられて来た皆様なら
もう充分にご存じかと思いますが、
俺は『変態』です(って断言するな、俺よ)。

開き直って、勝手に『ヘ連(元・ヘド連)』なんて
作っちゃってるからね。
もうね。

しかし、現在の伴侶は
もちろん俺の作品や、このブログも読んでくれて
その上で俺という人間を選んでくれました。

俺という人間を受け入れてくれた訳です。

お互い漫画や絵が好きであるという事や、
何かと気が合うという事もあり、一緒に居たいと思った。
だから、結婚しました。

『結婚』は、俺の人生のシナリオに
無かったはずの選択肢でしたが、
人生、何が起こるか分かりませんなぁ…(遠い目)。

で、どうしてこんなに漫画の更新が止まっているのか。

俺の伴侶が、漫画の制作を禁止している訳ではありません。
サイト運営を続ける事を許してくれない、
などという事は一切ありません。

ただ単に、俺に時間が無いだけです。
というか、時間を作れないだけなんだろうなぁ…。
平日はもちろんの事、休日も妙に忙しい(苦笑)。

まだまだ描きたい話はありますし、
漫画制作に対する熱意はあります。
『サトルと微妙な仲間たち』を、完結まで描き上げたい。
その想いはあります。

以前、当ブログで話題にした事がありますが
『絵が描けない状態』というワケでもない。

やっぱり、俺の作品制作に対する
情熱が足りないだけなんだろうなぁ…。

仕事をしつつ、家庭を守りながら
睡眠時間を削ってでも、描こうと思えば描けるはず。
しかし、あくまでも漫画制作は趣味の範囲なので
仕事や家庭に支障をきたしてはならないというのが
俺の考えです。

おいちゃんはね、もう若い頃のように
無理がきかないんだよ(泣)。

何はともあれ、運営サイトの現状は『更新休止』状態です。
それならちゃんと『更新休止宣言』でも
すればいいじゃないかという話ですが、
それはしたくない、という意地があります。

俺は漫画の制作を諦めていません。
忙しい事を理由にして、漫画制作を辞める気もありません。

だからこそ『更新休止宣言』をしてしまえば、
本当にずっと休止になってしまいそうな気がする。
だからあえてその宣言をしたくないワケです。
休止宣言したら、何だか負けた気がするんだよおぉぉぉおおぉっっ!!

…などと、ワケのわからん意地を張る俺(笑)。
許してください。
俺の貯金箱に198円入れますから。

という訳で。
以上、俺からの報告でした。

もうね、本当にね。
俺は最近、つくづく思うんだよ。
『もう一人俺が居たらなぁ』ってね。
でも、もう一人俺が居たとしても
結局こういう結果になるんだろうけどな(笑)。

最後にもう一度。
心配してくださった皆様、
ほんとうにありがとうございました。
俺は元気ですよ!

今後とも『まんが松』並びに当ブログ『松風呂』を
どうぞよろしくお願いいたします。


思っていた以上に…

先日、当ブログで紹介した変わり種チョコレート
『豚丼チョコ』と『味噌ラーメンチョコ』。
『食べるには勇気が要る』参照

ようやく食してみたので
その感想を報告しておこうと思う。
違う意味で期待を裏切られる結果となったのだが…。

件の『豚丼チョコ』と『味噌ラーメンチョコ』。
会社へ持参し、俺も含め試食してもらったところ
余りの普通さに逆に驚いた(笑)。
もうね、ホント普通。
普通のチョコレートだよアレは。

もっとこう、チョコと豚丼
チョコと味噌ラーメンという超ミスマッチな味に
『まずうぅぅううぅ〜っ!』(失礼)という感じを
期待していたドMの俺だったのだが(笑)、
普通のチョコレートと何ら変わらない味に
別の意味でビックリした。

会社の方々も同様の意見で、
何も知らずに食べた場合、それが
『豚丼チョコ』だの『味噌ラーメンチョコ』だのという
変わり種チョコレートと言う事は
全く気付かないだろうという意見だった。

特に豚丼チョコの方が至って普通で、
どの辺がどう豚丼なのか
全く分からないほどの味だった。
本当に普通のチョコレートだ。

味噌ラーメンチョコの方は
少しは『味噌ラーメン』な感じがした。

口に入れて噛み砕いた後、
わずかに味噌的な風味がふっとする感じだ。
しかし、やはり何も知らずに食べた場合
味噌ラーメンチョコであるという事に気付かず
スルーしてしまう可能性大だ。

やはり、自称『ドM』の俺にとっては
『まずぅぅううぅ〜!』という自虐的な感じを
楽しんでみたかったような、
若干がっかり感を感じてしまった次第だ。
いやいや。
何の期待なんだ、俺よ(笑)。

何はともあれ。
『豚丼チョコ』と『味噌ラーメンチョコ』。
『ごく普通のチョコレート味』というのが俺の感想だ。

以上。
俺からの『豚丼チョコ』と『味噌ラーメンチョコ』の
味の感想でした。
『限りなく無駄な報告だ!』という突っ込みはアリです(笑)。

早過ぎるのはイヤだ

仕事で必要なパスポートを申請するため
半休を取って旅券事務所へ出向いた俺。

以前取得した物は5年だったのだが、
しばらく使わない内に期限が切れてしまっていた。
今度はがっつり10年で申請。

10年か…。
10年先の自分がどうなっているかとか
全く想像つかないよな(笑)。

それはさておき。
管轄の旅券事務所は、京都駅ビル8階にある。
朝一番で申請の手続きを済ませた後、
少し時間があったので
京都駅ビルの大階段へ出てみた。

ちなみに『京都駅ビルの大階段』とは。

上手く説明できないのだが、
駅ビルの中央が下から上まで一気に階段になっている
とでも言おうか…。

いやいや。
この説明ではイメージが湧きにくいよな(笑)。
この『京都駅ビルの構造』の解説をご覧になっていただければ
お分かりいただけるかと思います。

で、その大階段に出て
ふと下の方を見てビックリした。



JR京都駅に登場した巨大クリスマスツリー

早過ぎるだろ(笑)。

俺、思わず突っ込み入れたわ(笑)。
もうクリスマスツリーって。
まだ10月末だぞ!?

この間まで結構暑い日が続いていたから
急にクリスマスツリーを見ても
実感が湧かないよなぁ。

余りに巨大なのでもう一枚撮ってみた。



巨大クリスマツスリー近くから

いやぁ、デカい。
京都駅ビルの吹き抜けもかなり高いが、
そこにそびえ立つこの巨大ツリー。
圧倒的な存在感。

昨年見た時、夜にはライトアップされていたが
今この時期でももう夜間ライトアップは
始まっているのだろうか…。

年々、何かと年中行事のサイクルが
早くなりつつあると感じる今日この頃。
時間に追い立てられているようで
せわしいと感じてしまう。

出社してからこのツリーの話をすると、
会社の人も『早っ!』だとか
『もう飾ってあるの!?』と驚いていた。
ツリーの登場が早いと感じたのは
俺だけではなかった模様。

もうこうなったらアレだ。
いっその事、年中飾っとけばいいんじゃないかと(笑)。

クリスマスツリーだけではなく
鏡餅も門松も、ひな人形も五月人形も
七夕の笹も、とにかく年中行事に関する物全部。
ずっと飾っておくのはどうだろうか。

かなり混沌とした感じになるとは思うが、
色々と楽かも知れないな(笑)。
出す手間も片付ける手間も省けて。

圧倒的な存在感

いい歳して、フィギュア人形大好きの俺。
これまでにも結構な数のフィギュア人形を購入している。
我ながら『俺はアホか』と思うほどだ(笑)。

で、相変わらずフィギュアの購入がやめられない俺。
最近こんな一品を発見。
感激のあまり購入してしまった。


1/350スケール『太陽の塔』フィギュア

1/350スケール『太陽の塔』フィギュア。
(海洋堂製)

もうね。
これはね。
発見した時にはついに来たかと(笑)。

これまでにも、ストラップや
ミニチュア的な商品はあるのは知っていたが、
どうしても造形が気に入らなくて
購入を見送っていたのだ。
しかし、この太陽の塔フィギュアは
造形が素晴らしい。


太陽の塔フィギュア正面から

台座にセットしてみた。
申し分ない仕上がり。
さすが、フィギュア製造のトップメーカー海洋堂。

芸術家・岡本太郎氏の作品はもちろん
人間性や言葉の数々も大好きなワケなんだが、
取り分けこの『太陽の塔』に至っては
見ているだけで血が騒ぐ。
何かこう、言葉でうまく言い表せないのだが、
『魂』が打ち震えるような感覚を覚える。

今でも、初めて本物を見た時の衝撃が忘れられない。

芸術的価値は正直よく分かっていないし、
センスも持ち合わせていない俺。
しかし、そんな俺でも太陽の塔を見た時には
ただひたすら『これはただものでは無い』と
強く感じたものだ。

批判も多かったようだが、
俺的にはこのデザインがたまらんのだ。

もはや、俺ごときが太陽の塔を
月並みな言葉で表現するのも無駄だ。
本物のあの迫力は、言葉では言い表せない。

俺がこよなく愛する『太陽の塔』。
しょっちゅう見に行ける物でもないので、
せめてこのフィギュアを部屋に飾って
眺める事にしようと購入したワケだ。


リアルな仕上がり

う〜ん、たまらん。
たまらんなぁ。
このフォルム、何でこんなに
ゾクゾクするんだろうな。
俺、危険(笑)。

表面のコンクリート的な質感も
見事に表現されている。


背面も見事に再現

そして、これもたまらん要素。
『過去』を表しているという
背面の『黒い顔』も見事に再現。
見ているだけで『くぅ〜っ』ってなる(笑)。

早速、部屋の『特等席』に飾ってみた。
本物を見た時と同じ感動…とまでは行かないが、
それにしてもやっぱりいい物はいい。
とても満足している。

美少女フィギュアと違い、
堂々と飾れるのが更にいい所だ(笑)。
フィギュアはフィギュアでも
原型が芸術作品では母親のマークも甘い(笑)。
フィギュアが増えても特に気にしていない模様。

毎日眺めて、一人でニヤニヤ。
周りから見るとちょっと危険な俺です。

スレスレの商品発見

先日、某100円均一の店で
大変興味深い物を発見した。
そのビジュアルに『大丈夫なのかコレ』と思いつつも、
面白いのでつい購入してしまった俺。

で、例の商品がこれだ。


某アレに酷似したキッチンタイマー(笑)

・・・・・。

いや、これはね。
もうね。
スレスレだよな(笑)。

その名も『スタイリッシュキッチンタイマー』。
設定した時間が経過すると
電子音で教えてくれるあれだ。


良く似ているな…

パッケージから出してみた。

…しかしどうだろう。
この形。
何かを彷彿とさせないか?

俺は一目見てコレだと思ったのだが。


『本物』と並べて比較

そうだ。コレだ。
『ipod nano』だ…(右側)。
俺はこのキッチンタイマー(左側)を見て
ipod nanoを思い出した。
一瞬区別つかないよなぁ(笑)。

さらに比較すると…


違和感が無い(笑)

違和感なさ過ぎだろ(笑)。

おいっ、キッチンタイマー!
何だお前のそのなじみっぷりは(笑)。
俺、一瞬見間違えたわ!

いや、まぁ…。
操作する所が全く違うのだが、何か紛らわしい。
ドン臭い俺なら、ついうっかり
左側のキッチンタイマーの方を
持って出かけそうだからな(笑)。

それにしても。
こういった商品は、デザインとか
法律的にどうなんだろうな。
個人的には、酷似しているような気もする。

しかし、ipod nanoのデザインを
『参考』にしたのではなく、
偶然にこういった似たようなデザインに
なってしまった可能性もあるだろうしなぁ。

『四角い本体に四角い窓』。
シンプルなデザインだけに、
多少被る事はあるかもしれないよな。
うんうん、そうだそうだ。

と、思っていた矢先。
同じ100円均一の店内で以下のような商品を発見…











更にアレっぽい万歩計

って、確信犯かいっ(笑)。

わざとやってるよな、コレは。
しかも結構楽しんでるよな、メーカー側。

商品的には『万歩計』なのだが…


やっぱり良く似ているなぁ

今更説明不要の気もするが
かなり『ipod shuffle』だ、コレ(笑)。

もうこれには苦笑するしかないよな。
何かもう、色んな意味で『スゴイなぁ』と。
どこか『開き直っちゃってる感』すら漂っているよ。

…とまぁ。
元々100均ヘビーユーザーの俺だが、
こういった商品にも出会えるもんだから
やっぱり100均はやめられない(笑)。
足繁く通ってしまうワケだ。

時々『誰が使うねんっ!』と突っ込みを入れたくなるような
微妙な商品もある。
だからこそ、100均は楽しいのだ。

しばらくは100均へ行く度に、
こういった感じの『○○に似てる』系の商品を
探してしまいそうな俺です。

【今回の内容に関連する話】
俺の大事なお前の記憶が(俺の愛用しているipod nanoの件)

朝の賢者

俺の朝は早い。
特に、歳取ってからは
朝になると勝手に目が覚めるようになった。
健康的でいいという事にしておこう(笑)。

夏場は特に早起きだ。
冬より夜明けが早いせいもあるが、
愛犬『あんこ』を散歩に連れて行くのに
遅い時間だと暑くてかわいそうだ。
なので早朝に散歩に連れて行く。

朝の空気は本当に気持ちがいい。
5時に起床し、あんこを連れて散歩に出る。

田舎なので家の周りには畑や田んぼが多く、
車も少なく、とても静かだ。
空の色や雲の流れなど当然毎日違うワケで、
つい立ち止まって、しばらく空を見上げてしまう日もある。
今日などは朝焼けがとても綺麗だった。

そして。
最近、面白い事に気が付いた。

いつも同じコースでは、俺もあんこも飽きるので
ちょっとコースを変えてみた。
川沿いの道を歩く事にしたのだが、
ほぼ毎朝出会うものがある。


毎朝ほぼ同じ場所に居る鳥

名前は分からないが、鳥だ。
ほぼ毎朝、とある田んぼに建っている
倉庫の屋根に止まっているのだ。

画像では小さく見えるが、
実はこの鳥、結構デカい。
本当は首が細く『ひょろり』と長いのだが、
画像では首をすくめているせいで小さく見える。

毎朝同じ場所で、こんな風にたたずんでいる。
時々、そばの川で小魚を捕って食べている事もある。
あまりにもピッタリ出会うので、
毎朝散歩の時には姿を探してしまうようになった。

見事な朝焼けの中、
静かに、何か思案しているかのように
微動だにせずたたずんでいるその様は、
どこか『賢者』のような風格さえ漂わせている。
それぐらい、朝の静寂が良く似合う鳥なのだ。

この辺りがねぐらなのだろうか。
いつも一羽でたたずんでいる。

小魚を狙って、じっと川の流れの中に立っている時は
『捕れますか?』と訊いてみたくなる。
姿を見かけない朝は、実は少し寂しい(笑)。
『あいつ、どうしたのかなぁ』などと心配してしまう。

この鳥の正体も生態も全く知らないが、
もしも渡り鳥の類なら
冬が来る前に南へ旅立ってしまうだろうか。
それならそれで、妙に寂しいのだが(笑)。

これからしばらくは、この『朝の賢者』の観察が
ちょっとした楽しみになりそうです。

そこに居るのは誰だっ!?

自称『臆病者』の俺。
怖がりですぐにビビるくせに、
なぜか定期的に怖い話が読みたくなる。

そういう時は、インターネットで
怖い話や都市伝説の類を探し求めて
様々な恐怖系のサイト巡りをする。
で、いい歳してトイレとか行けなくなるんだよな。
俺、最低(笑)。

我ながら、これは実に悪い癖だと思うのだが
自覚しつつもなかなか治らない。
なんかこう、ゾッとする話が読みたくなって
ついつい恐怖系サイトを訪問してしまうのだ。

それでだ。
この件に関してどうしても不思議な事がある。
というか、俺にとっては
この出来事自体が怖いのだが…。

夜。
俺が恐怖系のサイトを見ていると、
かなりの高確率で飼い犬が突然吠えだすのだ。
それも、本当に突然に。

俺の愛犬『あんこ』は、室内犬だ。
俺の部屋の中にケージ(犬用の柵)があって、
あんこはそこで寝ている。
配置的には、俺のパソコンのある机の右後ろぐらいに
あんこのケージがあるような状態だ。

基本的に、パソコンをさわっている時は
テレビはつけない。
音楽ももちろんかけない。
だから、あんこが反応して吠える要素は無いのだ。

家族の話し声などの、外部からの音も無い。
それなのに、いびきをかいて寝ていたあんこが
突然起き上がって、激しく吠えるのだ。

しかも…。
何が怖いって、何も無い空間を見て吠えている事が
非常に怖い。
あんこは、まるでそこに『誰か(何か)』が居るかのように
空間を凝視して吠えるのだ。

あまつさえ、これは偶然なのかもしれないが
俺が恐怖系のサイトを見ている時に限って
あんこはその不可解な行動を取るのだ。
だから余計に怖い。

よく『怖い話をすると霊が寄って来る』的な事を言うが、
やはりそういった恐怖系のサイトを見ていても
何かしら寄って来るのだろうか?

俺には霊感だとかは一切無い。
以前何度か金縛りに遭った事がある程度で、
そのテのものが見えたりする事も
見た事もないのだ。

しかし、このあんこの行動は本当に怖い。
部屋に見えない何かが居るのかと
本気で疑うほどのタイミングであんこが吠えるのだ。
何も無い空間を凝視して…。

そういう時、俺は怖い話を読んで
一人でゾクゾクしている状態なワケで、
あんこの『空間凝視吠え』にビックリして
つい『うひゃあぁあぁっ』とか
情けない声を出して驚いてしまうのだ。
何とも頼りない中年っ!(恥)。
いいのか、それでっ!?

いやはや。
それにしても、あんこの謎の行動
一体何なんだろうな…。
やっぱり、あんこには何か見えているのだろうか?

何はともあれ、霊的なモノが居ようが居まいが
ビビっている時に突然吠えだすのは
本当に心臓に悪い。

というか、それ以前に
臆病なくせに定期的に怖い話を読みたくなるこの癖。
それを治さないとなぁ(笑)。

見つめ合う瞬間…(笑)

先月の事になるが、誕生日を迎えた俺。
また一つ歳をとってしまいましたなぁ(遠い目)。
中年街道まっしぐら!

それはさておき。
俺の姪っ子(中学生)が
なんと誕生日のプレゼントをくれたのだ。
実に嬉しいねぇ(涙目)。
自分でプレゼントを選んで買ってくれるぐらい
大きくなったんだねぇ。

で、そのプレゼントが
俺の好みを知り尽くしたかのような
素晴らしい選択なのだ。


魚型カッターナイフ

『フィッシュカッター』
見ての通りの、魚型のカッターナイフ。
俺、もうホントこういうの大好き。
感激したよ。


まさに魚!

造形といい、その質感といい、まさに魚。
たまらんねぇ、魚類ってのは。


裏面もしっかりと作り込んである

裏面から見ても、手抜きのない作り込み。
つやっとした素材が
魚類感を見事に再現している。


この面構え

どうだい、この面構え。
キラキラのこの瞳。
新鮮な感じがするじゃないか(笑)。
水の中に放り込んだら
泳ぎだしそうだよ。


ペン立てにあっても違和感…あるか(笑)

そうそう。
こうやってペン立ての中にあっても
全く違和感がな…

いやいやいやいやいや。
あるか。
違和感あるか(笑)。
こっち見んなっ!
何しれっと混ざってんだよ、お前っ!
どうしても目が合っちゃうんだよっ!

…とまぁ。
こういったプレゼントは本当に嬉しいもんだ。
見た目の面白さも格別だが、
結構手になじんで持ちやすく
カッターナイフとしての用途も
十分に果たしてくれる一品。

何より、姪っ子が『俺』というキャラクターを
分かっていてくれたという事が
実に嬉しかったのだ。

恐らく、この魚類カッターナイフを見て
俺が気に入るだろうと思ってくれた事。
それが何より嬉しい。
もうね。
おいちゃんはねぇ、大感激だよ。

今日もペン立てからこっちを見ている
このフィッシュカッターナイフ。
時々目が合う度に
何となくはにかんでしまう俺です(笑)。

こっ、こんな所でっ…

今朝、愛犬『あんこ』の散歩に行こうと
外へ出た時、ちょっと面白い物を発見した。


何かが付いている…

小さくて見づらいのだが、
兄貴のバイクのカバーに
何かが付着している。

ガムテープの切れ端のような、
枯れ葉のような、薄茶色の物体が…。

気になるので、正体を確かめようと
近付いてみてビックリした。


セミの抜け殻。こんな所で羽化!

なんと。
正体はセミの抜け殻。
こんな所にしがみついて羽化したのか…。

バイクのカバーはナイロン生地で
表面は結構ツルっとしている。
それでもセミの幼虫は、ここまでよじ登って
見事羽化して飛び立って行った模様。
そのパワーには驚かされる。

それにしても…。
このセミの幼虫、どこから来たのだろうか?
やはり、我が家の庭からだとは思うが…。

我が家の前には猫の額ほどの庭があり
草木が覆い茂っている。
しかし、セミの幼虫がその地中で
羽化までの長い年月を過ごしていたとは
ちょっと驚きだ。

それに、庭からバイクのカバーまでには
若干の距離がある。
幼虫が地中から這い出て、
小さな体でこの位置まで辿り着いたのかと思うと
感動すら覚える。

出来れば羽化の瞬間に
立ち会ってみたかったものだ…。

ほんのわずかな広さの我が家の庭も、
自然界の役に立っているのだと感じた。
最近、キンモクセイの枝が伸び放題だ。
ちゃんと手入れしないとなぁ(笑)。

誰が使うんだ?

先日、兄貴の部屋で
非常にあやしげな物を発見してしまった。
その見た目に、かなり度肝を抜かれてしまったのだが…。


あやしいストラップ

これは…。
恐らく『ストラップ』だよな。
そうだ。
ストラップなんだよ…。
ストラップ以外の何だというのか。

しかし、上に付いているマスコット的な物が
尋常では無いと思うのだが…(笑)。

気になるそのマスコット。
拡大するとこんな感じ。










マスコット部分拡大

怖いよっ!

嫌だよ。
何か怖いよ。
何なんだよ、そのやる気の無い目は(笑)。
いやいやいや。
それ以前にあなた何者ですか?

この服とポーズ。
どうやら少林寺拳法的な雰囲気だが、
全く持って正体不明である。
無表情である事が更に怖い。
何かこう、淡々とした感じが…。

恐らく、兄貴が蘇州(中国)へ出張に行った時にでも
嫌がらせアイテムとして購入したのだろうと思われる。
あるいは、誰かからおみやげとして
もらったのかも知れない。
いや、もしかしたら案外日本製か…?

何はともあれ、コレは使えるのか!?
使う勇気があるのかっ!?(笑)。

『あ、メールだ』とか言って
携帯をポケットから出して来たら、
付いているのはこのストラップ。
ドン引きされるか爆笑されるかだ…。
まぁ、俺的には結構好きなんだが。
こういうイロモノ商品は。

しかし、いくらイロモノ商品が好きな俺でも
このストラップを実用する勇気は無い(笑)。

| 1/6PAGES | >>

■暦(こよみ)

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■プロフィール

■運営しているWeb漫画サイト

■最近の記事

■分類

■以前の記事

■ブログ内検索

■その他